専門家が不動産査定のすべて解説

不動産.org

不動産査定の基礎知識

不動産サイトを徹底比較!おすすめサービスの特徴や注意点も紹介

投稿日:

不動産サイトの選び方と活用方法が知りたい

不動産売買を始めようとしている人や、新しい部屋を借りたい人は、不動産サイトを利用して、情報を収集することが昨今の主流です。ネットで検索した際、たくさんの不動産サイトが出てきて、どれをチョイスすればよいのか判断に困ったことはないでしょうか。

この記事では、さまざまな角度から不動産サイトについて解説していきます。利用するメリットや用途別のおすすめサイト、賢い使用方法、利用時の注意点などを取り上げていきましょう。「建物をできるだけ高値で売りたい」「素敵なマンションに安値で住みたい」という人などは、不動産サイトについて理解を深めておくと失敗するリスクを減らせます

不動産比較サイトを利用するメリット

まずは、不動産サイトを活用する利点についてまとめていきます。主なメリットは、相場を把握できること、査定価格を競合できること、手間や時間をかけずに済むことです。これらについて詳しく見ていきましょう。

相場が分かる

所有している土地や建物を売却することになった際、不動産の知識が豊富になければ、どのように手続きを進めれば良いのかわかりません。また、相場価格なども知りたいところですが、素人ではどうやって調査すれば良いのかわからないでしょう。

不動産サイトでは、不動産に関する知識がない人でもプロの目利きによって、所有している土地や建物の査定額、あるいは適正価格を導き出してくれます。しかも、無料で利用できることはポイントです。相場を知ることで、損のない不動産売買が可能になります

査定額を競合させられる

サイトによっては、複数の業者に査定依頼することが可能です。ひとつの企業のみでは、不動産価格について理解が深い人以外、提示された金額を引き上げることは難しいでしょう。一括で査定依頼できるサイトを利用すれば、価格を比較できるだけではなく、競合させて価格をアップさせることもできます

時間や手間が省ける

売買のために、あるいは賃貸物件を探すために、不動産会社を一件一件回ることは非常に大変です。不動産サイトを利用すれば、あらゆる業者が集まっていることもあり、どの業者を選べばよいのか自宅にいながら調べられて、依頼することも可能です。個別に「電話をする」「メールを送る」といった対応もしなくて済むでしょう。

おすすめの不動産比較サイトとその特徴

「不動産サイト」と一言でまとめられますが、サービスによって長所が異なり、大きく分けて2種類あることも特徴です。それは、売買に適しているものと、賃貸物件におすすめのサイトです。それぞれの人気サービスをいくつか紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

売買物件におすすめのサイト

売買物件におすすめのサイトは、すまいValue、イエウール、HOME4U、LIFULL HOME'Sです。不動産売買は大きなお金が動くことになりますので、サイトの選定も重要です。それぞれの特徴を見ていきましょう。

すまいValue

すまいValueというサイトは、小田急不動産、住友不動産販売、東急リバブル、野村不動産アーバンネット、三井不動産リアルティ、三菱地所ハウスネットという不動産仲介業大手が参加しているサービスです。だからこそ信頼感や安心度は非常に高いといえるでしょう。

参考:https://sumai-value.jp/

イエウール

イエウールという不動産一括査定サイトは、評判の悪い会社を排除する仕組みが設けられており、参加している会社は1,700社以上。6社まで査定額を比較することができ、ネットワークの広さが自慢のサイトです。もちろん、無料で査定依頼することが可能です。

参考:https://ieul.jp/

HOME4U

HOME4U(ホームフォーユー)というサイトも、不動産の一括査定を行っており、歴史は古いです。1,300社以上が提携しており、NTTデータグループ運営であることも特徴に挙げられるでしょう。ストックマンションのカタログを公表していることも大きなポイントです。

参考:https://www.home4u.jp/

LIFULL HOME'S

物件数の多さで知られるLIFULL HOME'Sは、1,700社以上が参加しており、不動産情報サイト事業者連絡協議会(RSC)によるルールを守っているサービスでもあります。売買物件以外にも、賃貸物件など、幅広い領域を網羅しているサイトです。

参考:https://www.homes.co.jp/satei/

賃貸物件におすすめのサイト

不動産売買におすすめのサイト以外にも、賃貸物件探しに最適なサービスは複数あります。それは、SUUMO、HOME'S、スマイティです。これらのサイトにはどういった特徴があるのでしょうか。詳しく解説していきましょう。

SUUMO

コマーシャルなど緑色のキャラクターでおなじみのSUUMOは、株式会社リクルートによる不動産サイトです。学生向け、新婚カップル向けなどに分かれており、状況別に賃貸物件を探すことができます。家賃などさまざまな条件を指定できますので、物件を探しやすいサイトとして評判です。

参考:https://suumo.jp/chintai/

HOME'S

LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)の前身であったHOME’Sも不動産サイトとしておなじみです。運営会社は、株式会社ネクストでしたが、株式会社LIFULL(ライフル)に変わりました。サービス名や社名が変更されたとしても、賃貸物件におすすめのサイトのひとつです。

参考:https://www.homes.co.jp/brand-new/

スマイティ

スマイティは、食べログなどで有名な株式会社カカクコムが運営しているサイトです。530万の物件があり、10,000円の祝い金がもらえるサービスも。ほかにはない物件を取り揃え、新着情報も日々更新しているため、物件探しには非常に便利です。

参考:https://sumaity.com/help/beginner.html?lid=smt_op006

不動産比較サイトの賢い活用術

不動産サイトは賢く利用する方法があります。それは、他のサイトと組み合わせて使ったり、訪問査定を選ぶ手段です。不動産比較サイトの賢い活用術を詳しく見ていきましょう。

比較サイトは組み合わせて使う

不動産一括査定サイトを利用するのであれば、さまざまなサイトを組み合わせることで、たくさんの業者に査定依頼することが可能です。提携している企業の多いイエウールに、大手ばかりのすまいValueを組み合わせれば、12社までの査定が可能。もちろん企業数を減少させることもできます。

比較サイトで精査し訪問査定を依頼する

一括査定は、簡易な査定になりますので、正確な金額を提示しているとは限りません。だからこそ、一括査定サービスを利用し、この企業ならば任せられると判断した業者には、より正確な査定を受けることができる訪問査定の依頼をおすすめします。

訪問査定は、実際に不動産を見に行って価格を導き出すものです。手間暇かけるからこそ、査定額に正当性があります。

不動産サイトを利用する時の注意点

各種不動産サイトは、大変便利なものですが、利用時の注意ポイントは複数あります。おとり物件に惑わされないようにして、電話が多くかかってこないように注意し、査定額の根拠を明確化できるようにしましょう。不動産サイトを利用する時の注意点について詳しく取り上げていきます。

おとり物件に惑わされないようにする

悪徳業者は、おとり物件で人を騙すことが考えられます。惑わされないようにするためには、nomadという不動産サービスを利用して、おとり物件対策をしましょう。不動産は大きな買い物になりますので、詐欺行為に合わないように注意するべきです。

参考:https://nomad-a.jp/checker

電話がかかりすぎない様に備考欄を活用する

不動産サイトを利用する際は、電話が頻繁にかかってきてしまうことがデメリットのひとつです。電話対策としては、メールでの連絡を希望することで問題解決される確率が高まるでしょう。サイトの備考欄などを活用してください。

査定額の根拠を確認する

不動産サイトで査定依頼した際は、その金額の根拠をヒアリングしてください。査定額を高めにして、契約を結び、その後に価格を下げるような業者がいるかもしれません。根拠を聞いた際、適確に答えられなければ、その業者以外を選ぶようにしましょう。

不動産比較サイトはそれぞれの特徴を知り活用しよう

不動産サイトは、さまざまな企業からリリースされており、それぞれに特徴があります。利用する際はしっかりと比較して、自分に合った、あるいは不動産に適したサービスを活用するようにしましょう。自身がリスクを負わないためにも、不動産サイトへの理解は必須です。

-不動産査定の基礎知識

Copyright© 不動産.org , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.