専門家が不動産査定のすべて解説

不動産.org

不動産査定の基礎知識

不動産会社の選び方のポイントとは?売却や賃貸で失敗しないためのコツ

投稿日:

不動産の売買には不動産会社選びが重要

不動産売買を行う際に重要なポイントの1つは、正しい不動産会社選びにあります。不動産会社には、大手の不動産会社から地元密着の小さな不動産会社までさまざまなタイプが存在します。知人の紹介やホームセンターの紹介などで選ぶケースもありますが、その場合でもしっかりと確認をしておくべきことがあります。

そして不動産会社によっても得意不得意があるため、知人のケースでは良かったものの自分のケースには合わなかったということもあり得ます。人生のライフイベントのひとつとなる不動産売買を成功させるために知っておきたいポイントについてお伝えしていきます。

大手不動産会社と地域密着型不動産どちらがいいのか

不動産会社といってもさまざまなタイプがあり、大手のタイプや地域密着型のタイプなど規模の違いや、得意不得意の違いなどもあります。不動産会社を選ぶ際に知っておきたいポイントについてお伝えいたします。

大手不動産会社をみてみよう 

大手不動産会社とは、その名の通り多くの人が知っている有名な不動産会社であり、規模が大きな会社です。名の知れた会社ということはそれだけでも安心感を感じるポイントですが、規模が大きなことによるメリットだけでなく当然デメリットもあります。大手不動産会社を選んだ場合のメリットやデメリットについてみていきましょう。

大手不動産会社のメリット

まず大手不動産会社は規模が大きいことから、多くの物件を取り扱っていることが特徴です。取り扱う物件数が多いのであれば、選ぶ選択肢が広がるため大きなメリットとなるでしょう。

大手不動産会社は、支店が多いので広範囲にわたって物件を探しやすいこともポイントです。選べる物件が多ければ、自分の希望に近い物件を探すことができるので、納得した物件選びをすることができます。そして、大手不動産会社は様々なサービスが受けられる可能性が高いこともメリットとなります。

Tポイントなど共通のポイントと提携している場合もあり、仲介手数料に応じたポイントがもらえるケースもあります。その他お得なキャンペーンなどを行っていることもあり、サービス体制が整っていることも特徴です。

支払いに関してもクレジットカード対応をしているところも多く、初期費用などをクレジットカード払いにできるところもたくさんあります。費用がかさむ初期段階でクレジットカード払いができれば、現金を工面するストレスがなくスムーズに行えるというのも大きなメリットです。
  

大手不動産会社のデメリット

大手不動産会社は多くの物件を持っていることがメリットですが、自社で管理する物件が少なく大家との条件交渉が難しいというデメリットがあります。これは、大手不動産会社にも種類があり全国展開する大手不動産会社はこのような傾向が強いといえます。

大手不動産会社の中でも、地域の大手不動産会社の場合は物件数もある程度確保しながら、自社管理の物件も持ち大家との条件交渉がしやすい傾向があります。そして、もうひとつのデメリットは自社管理の物件が少ないため空室の確認に時間が掛かることもあることです。
  

不動産会社の規模が大きく、自社物件数が少ない場合は交渉などの面で時間や手間がかかってしまうことを覚えておきましょう。
 

地域密着型不動産会社をみてみよう 

一方、地域密着型の不動産会社のメリットやデメリットはどんな特徴があるのでしょうか。地域に根差した小規模な不動産会社を利用するメリットは、大手と比べてどんなよさや注意点があるのか知っておきましょう。

地域密着型不動産会社のメリット

地域密着型の不動産会社のメリットは、家賃交渉が有利に働く場合があることです。地域密着型不動産会社は、その街で長年商売をしているため大家さんとの付き合いが深いケースが多いです。地域密着型不動産会社の人は、大家さんとのやり取りに慣れているため交渉術を持ち合わせている可能性が高いのです。

そして家賃交渉だけでなく、そのエリアに詳しく掘り出し物件の情報と出会える可能性が高いことも大きなメリットです。大手不動産会社に比べて物件数は少なくても、有力な情報を持っていることも多くあり、あまり表には出ないような好条件の物件を紹介してくれる可能性もあります。

大手不動産会社は多くの支店を持っているため、担当者が転勤などで変わってしまうこともあります。しかし、地域密着型不動産会社の場合は、支店などがない場合がほとんどなので、基本的に担当者が変わりにくいということもメリットとなります。
  

地域密着型不動産会社の場合は、距離感が近いこともあり多少の融通がききやすいという点も特徴となります。マニュアル的な部分がないため、担当者の人に相談してもレスポンスが比較的早いこともよい点といえるでしょう。
      
  
 

地域密着型不動産会社のデメリット

地域密着型不動産会社のデメリットは、大手不動産会社と比べて紹介物件が少ないという点です。特定の地域の中での不動産会社となるため、取り扱っている物件のエリアが狭いといえます。物件数に限りがあれば、それだけ選択肢は狭くなってしまいます。

比較する物件があまりない場合、希望する物件を選べないこともあるでしょう。そして、地域密着型不動産会社は大家とのつながりが強い場合、大家が借主を気に入らないという理由で貸してくれないケースもあり得ます。

小規模な地域密着型不動産会社の場合、接客態度が異常に悪い会社も存在します。特に古くからある体質の会社などでは、会社の体質が変わらず傲慢な態度で接客を行う会社もあるのです。地域密着型不動産会社は、自分に合った会社を見つけ出すことができるかどうかもポイントとなります。

  

不動産会社の選び方

不動産会社の選び方には、どのような目的で不動産会社を探しているかがポイントとなります。自分の目的に合った不動産会社を選ぶことが正しい不動産会社を選ぶことにつながります。不動産会社を選ぶ際に気をつけなければいけないことや、覚えておきたいことについてみていきましょう。

不動産会社によって得意分野は異なる 

不動産会社といっても会社によって得意分野があるので、どこでもよいというわけにはいきません。例えば、不動産会社には分譲マンションなどの開発を手掛けるデベロッパーと呼ばれる業者が存在します。そういう不動産会社は売却などは扱っていません。

賃貸住宅の仲介や管理などを専業としている会社も対象外となります。家の売却を行うことができるのは、売買物件の仲介を行っている不動産会社となります。不動産会社の中で得意分野がわかるのは、アパートやマンションの賃貸物件が得意なのは「賃貸屋」といいます。

事務所や手軟との賃貸専門のことは「テナント屋」、マンションの新築分譲を専門とするのは「マンション・デベロッパー」、ハウスメーカーと共同で新陳く一戸建て住宅分譲専門の会社、投資マンションやアパート売買専門の会社などと得意分野の違いがあります。
 

不動産会社も重要だが担当者も重要

不動産会社選びは、会社選びも重要ですが担当者の存在も重要なポイントとなります。良い不動産会社を探すのはもちろん大切だが良い担当者についてもらえるかも重要なことを覚えておきましょう。会社に属している営業マンであっても、不動産の場合は個人事業主のようなものです。

トップの業績を持つセールスマンというのは、その人の力量や評判などにより紹介されているケースもあります。それだけ多くの実績を残している担当者であれば安心できる材料となります。しかし、担当者と付き合っていくには相性も大事です。

しかし、特別な紹介でない限りどんな担当者が付くかはわかりません。不動産屋に見積もり依頼をした場合に担当者とよく話すようにしましょう。一生懸命親身になってくれる担当者かどうかを見極めなければいけません。もし、担当者が合わないと判断したのであれば担当者を変えて欲しいという依頼をするようにしましょう。

申し訳ないからといって、合わない担当者で進めてしまうとトラブルの原因にもなりかねません。家の売却などが成功するためには、担当者選びも重要なのです。
 

売却をする際に不動産会社を選ぶには

家の売却は大きなライフステージのイベントです。大切な家を適正な値段でトラブルのない状態で売却することが重要です。

家などの売却に向けて見積もりを依頼した場合、不動産会社の説明が適切でしっかりした不動産会社を選ぶことも大事です。家などの売却を行う際に気をつけたいポイントは、複数の不動産会社に査定を依頼することと、売却までの流れをどのように説明をしてくれるかとなります。

複数の不動産会社に査定を依頼する

家などの売却をする際は、いきなり1社に絞らず複数の不動産会社に査定してもらうことにより失敗を減らすことができます。インターネットのサイトからできる、無料の一括査定などは手軽に出来るので便利です。無料一括サイトで査定を依頼すれば、一度に複数の不動産会社の見積もりを比較することができます。

複数の不動産会社とコンタクトを取り、それぞれの対応や実際の雰囲気を見るようにしましょう。そして、その際は金額だけに捉われないようにすることも大切です。安い金額だからといって、気軽に決めずに見積もりの内容や詳細をしっかり見極めることも必要です。
  

売却までの流れを聞いてみる

不動産会社の担当者に必ず売却までの流れを聞いてみるようにしましょう。不動産をどのような計画、戦略で売り出すのか聞いてみると、担当者の力量が分かります。よい担当者に巡り合うためには、その人がどのような仕事ぶりをしているのかを見極める必要があるからです。

不動産の査定の根拠なども説明をきくことも重要です。売却したい物件をいくらで売り出し、最終的にはどのくらいの値段で売るつもりなのかと尋ねてみましょう。中々買い手が付かない場合は、どのような戦略があるのかも聞いてみるとよいでしょう。

担当者の力量があれば、スラスラと的確な答えが返ってくるはずです。あまり経験がなかったり、自信がなさそうな答えばかりが返ってくるようであれば、担当者を変えてみるようにしてみるとよいでしょう。会社自体が信頼できると感じられ無い場合は、不動産会社を変えることも視野に入れたほうがよいです。
  

賃貸物件を探す際に不動産会社を選ぶには 

賃貸物件を借りる場合に不動産会社を探しているのであれば、売却とは違ったポイントで考える必要があります。アパートやマンションなどの賃貸物件を探すケースはよくあり、多くの不動産会社が対応しています。インターネットや広告などで探すケースも多いですが、どのようなポイントに注意をすればよいのでしょうか。

賃貸物件を探す場合の不動産選びは、家の売却よりも身近にあることであり、需要も多いため不動産会社の評判もピンキリです。賃貸物件選びに失敗しないためには、正しい最新の情報を出しているか、条件に見合う物件をみつけるために多くの物件を持っているかなどがあります。

最新の情報を張り出しているか確認する

賃貸物件を借りたい場合の不動産会社選びのポイントは、最新の情報を張り出しているかをチェックしましょう。不動産会社のガラスに張り出している物件情報が最近のものだと良い不動作会社と判断する材料となります。最新かどうかは、紙が日に焼けていないか確認するとよいでしょう。

不動産屋の窓に貼ってある不動産情報は、最新であることが多いですが、いつまでたっても同じ紙が貼っているようなお店は避けた方がよいでしょう。そして、路上などに物件情報の看板などを出している会社も避けた方がよいです。お店の敷地内にしか出してはいけないという法律があるので、法律を守っていない会社ということになります。

条件に合った物件をたくさん用意してくれる

不動産会社が自分の条件を理解し、条件に合致する不動産を紹介してくれるかどうかもポイントです。希望に合う情報を集めてくれる不動産会社はよい会社といえるでしょう。不動産会社の中には、仲介業と管理業を兼ねている会社もあります。

そういった会社は、仲介業だけの会社よりも多くの情報を持っていることが多いです。不動産会社がどれだけの物件を紹介してくれるかは、よい部屋を選ぶことにつながります。条件に合う物件をたくさん用意してくれる会社を選ぶようにしましょう。
  

不動産会社はしっかりと選ぼう

家などの売却やアパートなどの賃貸物件を探す場合は、適切な不動産会社選びが重要です。自分の希望に合う物件に出会える可能性は不動産会社選びや担当者にかかっているといっても過言ではありません。不動産会社選びを失敗しないように、会社選びのポイントをしっかりと覚えておきましょう。

不動産会社を選ぶ際は、無料一括見積もりを利用することをおすすめします。一度に複数の不動産会社を紹介してくれるので、見積もりを比較することができます。不動産会社にコンタクトを取ったら、担当者とよく話しをして内容確認を怠らないようにしましょう。

-不動産査定の基礎知識

Copyright© 不動産.org , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.