専門家が不動産査定のすべて解説

不動産.org

不動産査定の基礎知識

戸建ての査定で知っておきたいこととは 相場を調べる方法など解説

投稿日:

 

査定を依頼する前にしておきたいこともある

戸建ての住宅を売却することになったので、とりあえず査定を行おうとしている場合は確かにすぐに査定を行いたいところですが、査定を行う前にはしておきたいことがあります。

例えば相場を調べたり、査定を依頼した後の流れを押さえたりなど、これらはやっておいて損はありません。今回は相場を調べる方法や査定を依頼したとき、査定を受ける際の注意点を解説していきます。査定の比較ができるようにしっかりと学んでください。

相場を調べる方法

 

査定を行う前にはあらかじめ相場を確認しておくのがベストです。なお、調査方法としては次の4つから行ってください。

  • 折り込みチラシなど紙の媒体
  • 匿名査定サイトを利用する
  • 成約価格で分かるレインズマーケットインフォメーション
  • 国土交通省が運営する土地総合情報システム

方法としてはこのぐらいあるので、お好きな調べ方で相場を確認してみましょう。

折り込みチラシなど紙の媒体

新聞などの折り込みチラシでは一戸建ての広告がなされています。したがって、こちらから相場を確認できます。ただし、掲載されている価格は希望売却価格であり、成約価格ではありません。そのため、書いてある価格を相場として考えると、ズレが生じてしまうので注意してください。

また、チラシは身近に手に入れやすいが、稀に「優良物件」「絶対お得!」「二度と出ない」「お買い得」などの謳い文句が多いチラシもあります。このようなものは信用性が低いと判断してよいです。

匿名査定サイトを利用する

不動産サイトでは匿名で査定ができるところもあります。入力は物件の所在地や間取り・築年数などの情報だけでOKで、個人情報の入力は不要です。

簡単なのでだいたいの査定価格を知りたい場合に有効な手段となるのがこちらとなっています。

成約価格で分かるレインズマーケットインフォメーション

こちらは、国交省の指定を受けた機構の会員が利用できるREINS、不動産流通標準情報システムが提供しているサイトです。都道府県・地域・地域詳細沿線・最寄り駅・駅からの距離・単価・専有面積・間取り・築年数・制約時期・用途地域の条件を設定し、検索すると取引情報のグラフが示され相場を理解できます。

なお、利用は無料となっています。

国土交通省が運営する土地総合情報システム

国交省が運営する土地総合情報システムからも相場は確認が可能です。こちらは情報システムの中の不動産取引価格情報検索を使えば調べられます。

実際に行われた不動産の取引価格を知ることが可能なので、過去のデータから相場を確認したい場合は便利です。

査定を依頼する

 

査定の前に相場を確認把握したら、次は実際に査定していきましょう。ただし、ここでも売却までの流れを理解した上で査定を行うのが良いです。

また、査定に関しては一括査定サイトを利用してから、訪問査定を行ってもらうのがベスト。ここでは、これらについて解説していきます。

売却までの流れを理解することが先

まずは、最終目標の売却までの流れを理解しましょう。流れとしては以下のようになっています。

  1. 情報収集や書類の準備
  2. 査定
  3. 動産会社との媒介契約
  4. 売却活動
  5. 契約・引渡し

それぞれを解説していくと、1に関しては上記で解説したことを含め、査定を行う際に不動産会社に伝える情報を集めたり、必要な書類の準備などをしておくことです。2は解説したように一括査定を行い、訪問査定を行ってください。3は不動産会社と契約を結んで売却価格などを決めていきます。

そして、4の売却活動を始めていき、買手がみつかれば交渉を行い、合意に至れば5の契約・引き渡しを行います。これが売却の一連の流れになります。

一括査定サイトを利用する

一括査定サイトは一度に複数社に査定依頼ができ、手間や時間を省くことができるもので、机上査定と呼ばれる簡易査定になります。たくさんの業者から信頼できる不動産会社をみつけたいのであれば、ぜひ利用していただきたい方法です。

利用の際には土地・建物の住所、面積、建物の間取り、築年数などの情報を伝えるだけで大丈夫です。

訪問査定してもらう

訪問査定は不動産会社が実際に物件を見に来る査定であり、机上査定より詳細な査定価格が提示されます。そのため、信頼できそうな業者を一括査定からみつけ出した上でお願いしてください。

なお、利用すれば土地・建物の住所、面積、建物の間取り、築年数などの情報にプラスして、アクセスの良さや建物の状態を加味した査定となるので、現実的な査定額がわかります。

査定を受ける際の注意点も知っておこう

 

査定を受ける際には以下の注意点を知っておくべきです。

  • アピールポイントをまとめておく
  • 掃除や整理整頓をしておく
  • 隣との境界線がはっきりしているかどうかの確認

これらをしっかりとした上で査定に臨みましょう。

アピールポイントをまとめておく

こちらは主に周辺の生活環境や、最寄り駅の雰囲気などです。査定ではこれらが加味されるので、まとめておけばスムーズに査定が行われます。

掃除や整理整頓をしておく

訪問査定では間取りや設備面もチェックされるので、できるだけ清潔な環境にしておきましょう。また、換気や結露対策、排水周りや建物周りの草木のメンテナンスもしておくと良いです。

隣との境界線がはっきりしているかどうかの確認

戸建てを売るためには所有権が誰なのかを明確にするために境界線の確認が必要です。これついては確定測量図や筆界確認書のような、境界線が示されている書類をみれば確認が可能になっています。なお、入手に関しては、測量図は法務局に発行申請して入手することができますので、そちらからどうぞ。

戸建ての査定結果を比較できるようになろう

 

戸建ての査定を行う前にはレインズや土交通省が運営する土地総合情報システムで相場を確認しておくべきです。また、査定を行う前には売却までの流れを理解した上で、一括査定、訪問査定を行っていくのが良いでしょう。

そして、実際に訪問査定を受けるときには、査定する戸建てのアピールポイントをまとめたり、掃除や整理整頓を行ったり、境界線の確認をしておきましょう。解説した知識をしっかりと利用すれば、査定結果の比較は可能です。ぜひ、高く戸建てが売却してください。

-不動産査定の基礎知識

Copyright© 不動産.org , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.